わがままオムライス

夢だと解るその中で君と会ってからまた行こう

夏の始まりに想うこと

7/29からいよいよ中島健人くんのソロコンサートが幕を開け、これを皮切りに風磨くん、勝利くん、聡マリちゃんと続きいよいよ夏到来!という感じです
他界隈でも六本木EXシアターやらデビュー組もドームアリーナと事務所全体が夏のイベント真っ盛りとなっています

わたしはジャニヲタになってから初めて行ったコンサートも夏でした
暑かったけどそれとはまた違う熱さを感じ、腕が筋肉痛になるくらいペンライトを振り、声が枯れるくらい叫んだことを昨日のように思い出します
また、夏の野外にも行ったことがありますが(エイトの味スタ長居)また屋内とは違った興奮が蘇ります
数々の夏を経験し、わたしもヲタク歴は数十年となりました
アラサーと言われる歳になり、将来のことも少なからずは考えたりもするけれどやっぱりヲタクに落ち着いてしまう...
心のどこがではもういい加減にしなきゃとは思っているけどこの夏のコンサートは今だけもう来年はないと思ったら動いてしまうのがヲタク...
正直な話、インスタで子どもを載せてる人とか見るとわたしもこれくらいの子どもがいてもおかしくないんだなとか思うし、結婚を考えてないわけではないけれど、でも今しかできないと思ったらやっぱり目の前の現場をとってたのしいほうへ行ってしまう
わたしはジャニヲタになっていなかったらひとりで航空券を手配してホテルを予約して地方に行くことなんてできなかったと思います
小さい頃は泣き虫で消極的で何もできなかったけどジャニヲタで随分たくさんの経験を積んできたなと自分に感心します
話しの合う友だちもほとんどいなかったのでちょっとお話しできたらいいなくらいで始めたTwitter
そのお陰でたくさんの素晴らしいお友だちにも巡り会うことができましたしかも全国津々浦々
これらはきっと全てジャニーズのアイドルを応援していなかったらできていなかったことかもしれません

誰に何と言われようと後ろ指さされようと好きなものは好きだとはっきり言えるように、たのしいことを続けられるうちは続けていきたい
これでいいのかなってたまに不安になるときもあるけれどキラキラな笑顔や素晴らしいパフォーマンスを見ることが支えとなり糧となっているのだと思います
これでいいのかななんてずっと付きまとってくる問題だと思うけれど人生は1度きり、気の合う仲間と大好きな人を見て楽しむ人生のほうが生きてる!って実感できると思うのです

いろいろ悩んでる暇なんてないよ
夏はもうはじまってるんだから

ウチの錦戸は仕事ができる

私は長らく錦戸亮ちゃんの担当をしていました。
いつからと聞かれるとあんまり詳しくは覚えていないけれどまだ声変わり前に出たMステで「この星で生まれて」という曲を歌っていたチビ亮ちゃんに心奪われたのがきっかけだったと思います。
私がジャニーズに足を踏み入れたときは後に言われるジャニーズ黄金期という時代。今のタキツバ嵐エイト斗真山Pかざぽん...たくさんのジュニアたちがギラつきながら頑張っていた時代です。
その中で身長が低くて声が高くてちょっと小生意気な少年が亮ちゃんでした。
その頃は私も小学生だったし「かわいー!!」くらいにしか思っていなかったけれどあれよあれよという間に声は変わり、身長もそれなりに伸びた亮ちゃんは2004年にNEWSとしてデビュー、さらに2004年8月に関ジャニ∞としてデビューします。ジャニーズ初のグループ掛け持ち。ファンもよくわからないままふたつのグループで頑張る亮ちゃんをしばらく見ていくことになるのです。
NEWSはバレーのサポーターみたいな感じでつくられたグループだったのでデビューしたときはバレーの応援やらバレーの深夜番組やらやたらいろいろやらされていた記憶があります。それに並行してエイトの仕事も...。
2005年2006年と亮ちゃんは堂本光一先輩の舞台「SHOCK」に出演します。特に2006年は亮ちゃん自身も「あのときはほんま死ぬかと思った」というくらい多忙でした。というのも年始からNEWSのコンサートツアー→DREAMBOYS(舞台KATーTUNと一緒にでた)→自身のソロライブ→SHOCKという流れです。SHOCKの振りはみんなと合わせる時間が無くてひとりで教えてもらったと何かで見たことがあります。
それでも亮ちゃんは完璧に振りを入れて現場に立ちました。このときのことをザ少年倶楽部のあなたにお手紙書きましょうという企画でKATーTUNの上田竜也くんが亮ちゃんにお手紙を書いたときにこのスケジュールのなかあの舞台(SHOCKのこと。上田見に行った)をこなす姿を見てただただすごいと思った、と言っていました。
グループの掛け持ちとは仕事が2倍、外部の仕事が入るとさらに仕事量が倍になります。それを亮ちゃんは約7年間文句も言わず、周りの中傷にもめげず、頑張ってくれていました。
私も2006年のこのスケジュールをこなす亮ちゃんを見て「こんなに頑張っている人がいるんだから私も頑張らなきゃ」好きになった頃とは全く違う感情を持って応援するようになりました。好きという気持ちももちろんあるし、かっこいいキャー!!ともなるけれど、尊敬みたいなものが芽生えたのかもしれません。
掛け持ちは両方のグループを同時に動かすことができないのでどちらかのグループが動いてしまえばもうひとつのグループはおやすみになってしまいます。
当時は「錦戸がいるせいでツアー全然始まらない」とか「CD出せない」とか文句も言われていたし本人も多分こういう声があることは分かっていたと思います。それでも両方のグループの力になれるようにエイトでやってきたことをNEWSに、NEWSでやってきたことをエイトに還元できたらいい...なんて言っていて亮ちゃんなりにどちらの色にも染まらずにやりこなしていました。
好きな話があって安田くんがNEWSのツアーに行ったときに亮ちゃんは安田くんを見つけました。その時亮ちゃんは安田くんに手を振ったらしいのですが亮ちゃんは「NEWSの俺はこんなんやで~!」と思いながら手を振り、また安田くんは安田くんで「NEWSでの亮はこんなんなんや~」と思って見ていたという話が大好きです。
そんな頑張っていた中で2011年に亮ちゃんはNEWSを脱退します。あまりにも突然で急で受け止められませんでした。
主な理由としてはスケジュールの調整ができなくなったというもので当時は今までやってこれてたのになんで今さら!?と怒り狂い、悲しみに満ちていました。でもよくよく考えてみたら2012年にエイトは八周年を迎えるのですが8周年は大体的にいろんなことやっていたように思えるので今考えてみたらスケジュール調整は何となくわかるかな…と今になればわかる気もします。
この掛け持ち時代はファンにとっても大事な時間だったと思っています。どっちかの亮ちゃんが好きとかでなく、どっちの亮ちゃんも亮ちゃんでいたと思います。「エイトでいるときの亮ちゃんのほうが楽しそう」はよく聞かされていたけどどっちに属してる亮ちゃんはどっちも楽しそうだった。セルフプロデュースをしたNEWSのDiamondというツアーではリハのときからいいものをつくりたいという気持ちが溢れているし、メイキングも本編もずっと楽しくて大好きなDVDです。

そんな亮ちゃんの日テレでは初主演のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」が7/8土曜日22時からスタートしました。
あらすじとしては見た目も学歴も完璧、いいとこに勤めて全て完璧だと思っていたウチの夫は実は会社ではお荷物社員の仕事ができない夫だった...そんなときに妻の妊娠が発覚、家族を支えるためにがんばろうとする夫婦の物語(詳しくは公式サイト見てくださいww)ということで亮ちゃんが仕事ができないダメな夫...?と決まったときは愕然としました。以前、犬を飼うということというドラマの中で(これも家族もの)上司に土下座をするシーンがあり、それを見るのが辛くて...今回もこんなシーンがあるんだと思って悲しくなりました
初回はまぁ罵られたり陰口を叩かれたり案の定辛いシーンばかり...
どれだけ仕事ができないのかなと思っていたけど亮ちゃん演じる司さんは仕事ができないんじゃなくて多分、職場のやり方に司さんが合わないだけだと思ったり...まぁいろいろ思うことはあるんだけれど、亮ちゃんはすごくよかった!
久しぶりに司さんという役の中にも亮ちゃんみを感じることができた作品かなって。
亮ちゃんは恐らく企業に入っても要領良く仕事はこなすと思います。だけど司さんみたいな優しくて温かみがある雰囲気や表情は亮ちゃんでした。
妻に仕事ができないお荷物社員なんだと伝えるシーンで妻が司さんにこう促します「司さんは優しくて頼もしい人です」と。これを聞いたとき涙がばーっと溢れてきて、物語の中では司さんへ言ってるけどこれって亮ちゃん自身へのことだよなって。(あくまでも自論です)
亮ちゃんは優しくて頼もしい人この言葉がぴったりの人だよなと。
何だかこれを聞いて亮ちゃんへの気持ちが溢れ出てしまいました。

「20歳のときに一生懸命仕事に向き合おうと誓ってからその気持ちは今も変わっていない」とインタビューで答えている亮ちゃんを見て、私が好きになった頃の亮ちゃんと変わらない一生懸命な亮ちゃんがいることがとてもとても嬉しくて安心しています。

今の生活の約9割は健人くんな日々だけれど亮ちゃんがこういう風に昔と変わらない気持ちで仕事に向き合っていることが今回このドラマを通じてわかることができてよかった!


亮ちゃんが頑張っている姿を見てきて今の健人くんも亮ちゃんに通じるところがあるなぁ…なんてふと感じることも少なからずあったりします

さぁ、私も仕事がんばろう

健人くんこれ歌って!!

今年も熱い夏がやってくるー!!!!

ということで2017年サマーパラダイスが決定しました!(パチパチ)
セクゾに堕ちて初めてのサマパラ!
去年は8.25事件というヲタクには忘れられない大事件を生んだあのサマパラが今年もやってきます!
今年はどんな大事件、ドラマが生まれるのかたのしみで仕方ない!!(の前に当たるのか(白眼))
そんな歴史的瞬間を見ることができるサマパラですがソロコンということもあり先輩方の楽曲を歌うのも見どころのひとつなのではないでしょうか
Twitterハッシュタグでは
#ふうまくんこれ歌って
というタグができててhshsしながら見ていたのですが(ちゃっかりタグつけて呟いたりw)健人くんこれ歌ってのタグがない!?ということで勝手ながら健人くんに歌ってほしい曲を上げてみました
あくまで私個人の趣味なのであしからず!

では早速!!

ロイヤルミルクトーリー(関ジャニ∞)

健人くんみたいに甘い恋の歌
甘いけど甘ったるくはなく優しくほっこりする曲。歌詞のなかで「今できる楽しいことをしようよ。それを恋と呼ぼうよ。人生を一緒に味わおう。」という一小節があるのですがぜひここを健人くんに歌ってもらいたい!!!!

青春ノスタルジー(関ジャニ∞)

これもエイトの楽曲。JUKE BOXというアルバムの中の1曲です。本来はトランペットを生かした曲なのですが歌詞が切なくてこれも健人くんに言ってほしい歌詞が満載なので。「ルージュ引き直したらもう行きなよsay good bye」という歌詞を健人くんにぜひ言ってもらいたい
未練を歌う健人くんが見たいのかも(?)
余談ですが上記の歌詞、健人くん以外なら勝利に言ってもらいたい願望も強いです

秋の空(NEWS)

夏から秋にかけて時季的にいいかなと思ったけど健人くん日程がっつり夏!(7/29~8/2笑)
この儚い世界観を歌ってる健人くんが見たいなー

Greedier(NEWS)

これ知る人ぞ知る名曲だと思うんですけど!!NEWSというアルバムの中の1曲でこれは夏にぴったり、波の音から始まってすごく夏らしく爽やかででも人を愛する恋することをまっすぐに歌っている曲だと思っています。これに出てくる主人公的な人が健人くんっぽいなーと思ったらもう健人くんしか思い浮かばなくなりました。

雨のmelody(KinKi Kids)

6/2放送された少クラでキンキ楽曲を歌っていたけど物足りなかったので個人的に好きな数曲のまず1曲。踊る健人くん見たいからこれ。キンキ楽曲は岸くんと健人くんで見たい(切なる願望)

月光(KinKi Kids)

これめちゃくちゃ好きな曲!あんまり後輩たちもやらないのだけど(KAT-TUNデビュー前のコンサートで中丸くん歌ってたけど)これはぜひ健人くんに歌ってもらいたい!!!!
すごい素敵な曲だから本家も聴いてみてください!

銀色暗号(KinKi Kids)

愛のかたまり以来のふたりで制作した曲だったと思います。大人っぽくて曲の転調とかがきれいなので。パフォーマンスしてるとこ見たことないから何とも言えないけど健人くん歌うなら踊ってほしいな~とか考えました。何回も言うけどキンキ楽曲は岸優太くんと!!

ハロー(SMAP)

この曲のやさしさがまさに健人くん!て感じなんです。歌詞も優しく柔らかくて。何気ない日常のなかで想うあぁ健人くん好きだなぁ...て気持ちがこの曲聴いてたら思い浮かびます。曲自体も何気ない暮らしのなかで人に想い想われる気持ちを表してる曲だと勝手に解釈してるのですが、そのひとつひとつが健人くんぽい気がするのでぜひ中盤ひと息つくころに歌ってほしいなぁ...



ということで!!!!

個人的な好みですがざっくりあげてみました
他にもまだ歌ってほしい曲はあったのですがとりあえずこの辺を選びました
パフォーマンスもだけど重視したのは歌詞とか世界観かな...


と書き上げてしばらく放置してましたwwww(Sexy Sorry)
当落もだいぶ前に出まして私は自名義は全滅でしたが何とか一公演は入ることができるので健人くんのつくりあげるパラダイスを(笑)堪能してきたいと思います!
何だか今年は男らしくいきたいとか?!!!健人くんの男らしさが想像できなくてわくわくしかないのですが!!
サマパラ以外にも映画情報解禁されたり、ワク学が始まったりとわくわくドキドキさせられっぱなしでこんなにたのしくて嬉しくて健人くんありがとう!!!

夏はすぐそこ...!!

たのしくキラキラな夏になりますように

中島健人くんお誕生日おめでとう!!

健人くん!23歳おめでとう!!!!!








まさか、中島健人くんのお誕生日記事を書いてるなんて昨年の自分には想像もつかなかった
こうして健人くんに出会えた奇跡(壮大ww)、感謝の気持ちを込めながらひとつひとつ拙い文章、ありきたりな言葉しか並べられないけどありのままの健人くんへの想いを残しておきます








この記事を書くにあたってどんな記事にしようかいろいろ迷って、たぶん前の記事と同じような内容になるだろうなと思ったのでここで1発(笑)、健人くんの好きなところを歳の数だけあげてみようと思います(笑)
悩みに悩んで結局たいしたものも思いつかず(笑)
では早速!いってみましょ!

1 顔がかっこいい
(まぁありきたりwwクォーターだからかはわからないけどかっこいい!(適当~ww)

2 歯並びがきれいで白い歯(リスみたいな前歯がかわいいし笑ったときに見える真っ白な歯が好き)

3 手足が長い(脚の長さはほんと目を引くしパンツ姿が特にかっこいい)

4 指がきれい(ピアノ弾くときの長くて細いきれいな指がたまらなく好き。ピアノ以外にも口元に手をあてる写真とかでも綺麗さが目立つ)

5 笑い方(素の笑い方というのか口大きく開けて笑う笑い方が可愛くて好き)

6 横顔(横から見た時の鼻の高さとかもちょうど良くてかっこいい)

7 鼻のほくろ(正面から見たら左側にある鼻のほくろに色気を感じる時がある(笑))

8 言葉選びがきれい(言葉の選び方がすごく綺麗で育ちのよさを感じるし、勉強してるんだなと思う)

9 人への思いやり温かみ

10 見せない努力とそれに伴う結果がしっかりついてきてること

11 間違っていることに対して間違っていると言えるとこ

12 自分の意見考えをしっかり持っているとこ

13 前向きな気持ちを持って常にいろんなことに挑むところ

14 中島健人くんを信用できるところ

15 アイドルとして夢を見させてくれるところ

16 照れ笑いが可愛いところ

17 90年代の曲が好きなところ(笑)

18 家族を大事にしているところそして家族から愛されているところ

19 共演者や周りの方から愛されているところ

20 Sexy Zoneを愛しているところ

21 どんな仕事も楽しんでしているところ

22 どんなときもキラキラ輝いていているところ

23 健人くんを好きになって応援していてずっと楽しいところ





私が健人くんの好きなところ歳の数だけ書いてみました
えっ?って思うところもあるかもしれないけれど私が健人くんを好きになって数ヶ月思ってきたことです
どんなときもキラキラしている健人くんを見ていると辛いこと悔しいことがあっても楽しくなれてしあわせになれます。
健人くんが振り撒いてる何かはきっとしあわせになれる何かなんじゃないかな゚・*:.。.*.:*・゚.:*・゚*

だから私たちファンも健人くんにいつも楽しませてもらっているぶん、健人くんへたくさんしあわせになってもらいたいと思います。
健人くんがしあわせならファンはずっとしあわせだから。
色んなことが求められる世の中、日々変わり移りゆく時代の中で恐らく立ち止まることもあるかもしれない。その悩みのなかでも健人くんはひと皮もふた皮も剥けてさらに素晴らしい中島健人という姿を見せてくれるそう信じています。
信じられるから健人くんについて行こうと思えるのです。
変わっていかなくちゃいけないこともあるかもしれない、でもどうか健人くんのその笑顔と笑い声だけは変わらないでいてください。


中島健人くん
お誕生日おめでとう
健人くんの今日が素晴らしい日になりますように
23歳の健人くんは一回きり
たくさん楽しんでたくさん笑ってたくさんたくさん23歳の思い出つくってください

大好きな健人くんへ
健人くんを祝える今日がとても幸せです
2017.3.13



f:id:shishikoo:20170312232329j:plain



f:id:shishikoo:20170312232313j:plain



f:id:shishikoo:20170312232640j:plain

22歳の中島健人くんへ

ふうまくんのお誕生日が終わって束の間もうすぐお誕生日を迎えるのがそう、ラブホリ王子こと我らの中島健人くんです!!!!!!!!!!!
ふうまくん誕生日が終わって約1週間だけはふまけん同い年week!!!!!
あぁ、ふまけん尊い


f:id:shishikoo:20170310012619j:plain













...さてさて
健人くんの22歳が終わってしまうということで22歳の健人くんへちょっと記事を残しておきたいなーなんて思って書いています。

私が担降りした去年、健人くんはキラキラ輝いていて本当に眩しくてかっこよくて健人くんを見るたびこの人をずっと見ていたいなという気持ちが大きくなりました。当時、心労が重なり体調があまり良くなくて(私情すみませんw)、さらにジャニヲタも辞めてしまおうとさえ思う出来事もあって心身ズタボロでした。
そんなときにふと、見かけた健人くんがすごく新鮮であっという間に沼落ちしましたwwww
最初出初めの頃は面白いけどあんまり興味なかったしましてや年下だしーと思っていたけれどセクチャンをはじめ、いろんな番組や雑誌のインタビュー、特典などを見漁っていくうちに健人くんのアイドルという仕事への情熱に打ち抜かれました。
映画、コンサート、ソロコン、バレーのキャスター、そしてSexy Zone5周年...様々なことがあったなかで出会った健人くんはとにかくどんな一瞬もたのしそうでこの人の仕事に対する想いってどんなものなのかなと考えるくらいさっきからずっと言ってるけど健人くんはキラキラしていました。

そんな私がいちばん心を揺さぶられ、そして担降りまで決意に至った健人くんはふたつ前くらいの記事にも書いたけれどSexy Zone5周年記念の際に発売されたベストアルバムの特典に収録されていてみんなで過去の映像を見ながらデビューからの5年間を振り返る特典映像のなかで



この5年間は健人くんにとってどうだった?と質問されたときに

「楽しかったよね」

という健人くんに言い方がすごく大袈裟だけれど私の全て持っていかれました。

10代でデビューしてから大人に紛れ、わけもわからず大人のいいなりになって駆け抜けてきて、納得のいかないこと、決して楽な生き方でないアイドルとして生きていくことを覚悟したであろうときを「楽しかった」という一言を言える健人くんの逞しさと潔さと中島健人という人間の全てに惚れ込みました。
迷いや悩みももちろんあったと思うし自由に生きることを許されないアイドルとしての道に歩んでいくことを決めた健人くん。独自のキャラクターで築きあげてきた今。それがよかったのか悪かったのかは今の健人くんを見れば一目瞭然ですよね????
何がきっかけとなってその人を好きになるのかはわからなくてほんとに一瞬一瞬のきっかけだけれど私はそのきっかけが22歳、デビュー5年間を楽しかったとはっきり言う中島健人くんでした。

正直なところデビューからの5年間をほとんど知りません。ド新規です。
それを悔やんだことばかりです。
でも、これからの中島健人くんの5年間を見れると思うと楽しみでしかありません。

22歳の健人くん、キラキラ輝く君を、キラキラ輝く毎日をくれてどうもありがとう。君の新しく始まる23歳という門出を祝えることに嬉しさとドキドキを感じながら今過ごしています。
君の誕生日まであと3日。
振り返ったときに22歳楽しかったよねと言える毎日を過ごしてください。
23歳になった君に会えるのを楽しみにしているよ。






文章って難しい(泣)(;_;)
伝えたいことが全く伝えられない(;_;)(;_;)
中島健人くんのことが今日も明日も明後日も、大好きです!(;_;)♡♡♡

さあ、あと3日。また健人くんへの激重な想いを書き綴ろう!(笑)

菊池風磨くんお誕生日おめでとう

ふうまろお誕生日おめでとう~~~~

普段はふうまろ呼びな私ですが、今日は「風磨くん」と呼ばせてください(?)

改めてまして、ふうまくん22歳のお誕生日おめでとうございます

私は10代のふうまくんをリアルタイムで見ていた人間ではなくて(うっすらとは見ていたけど)22歳からのふうまくんからスタートみたいなところがあるのでこれからどんな大人になっていくのか楽しみなところももちろんあるけれどまだまだ知らないふうまくんがたくさんあってもっともっと22歳になる前のふうまくんも知りたかった~~~(泣)てのが本音なんだけれどふうまくんと出会うべき歳は今ここで今までに見たことのない世界を、経験したことのないことをさせてくれるのが22歳のふうまくんだから今出会わせてくれたんだなと思っています。

私が今まで思っていたふうまくんの印象はぶっちゃけて言ってしまうとあまりよくないもので。
我儘そうだし、自分勝手そうだし、周りが気使ってそうですごい面倒くさそうだなとか悪印象でしかなかった。
でもSexy Zoneという沼にハマっていろいろ映像を見進めていくうちに「何か思ってたのと全然違う...!?」と印象がガラッと変わっていきました。
仲間想いで優しくて負けず嫌いでどんなときも自分より仲間優先で、周りを和ませる雰囲気つくりが上手で人懐っこくてメンバーのことをよく見ていてたくさんの人に愛されていて、弟妹思い家族思いで毎日自炊して仕事ある日は仕込みして出かけるとことか...
先入観から入っていた私は何も気づかずに今の今まで過ごしていたことにショックでしたこんな素敵な人なのか菊池風磨!!!!って。
それからたくさんのふうまくんを知っていけて22歳のふうまくんに至るわけです。
まだ22歳だけれどふうまくんはふうまくんなりに苦労したこと悔しかったことたくさんたくさんあったと思うしそれは今も変わらずあると思います。
22歳なんて世間的にみたらまだまだ子どもの延長みたいなところ少なからずあるしそういうの言われるの嫌いそうだけど
私たちに魅せてくれる菊池風磨くんはふうまくんが思っていること感じていることをそのまんま魅せてくれる人だと思っているのでどんなふうまくんになるのかすごくすごくたのしみです。
有難いことにお仕事にも恵まれていてその中での人間関係にも恵まれていてそれもふうまくんの人柄があってこそだと思うのです。その誰からも愛される心を持ったふうまくんでこれからもいてほしいです。

ふうまくん本当におめでとう!
いたずらな笑顔が可愛くて私はそんな子どもっぽい無邪気なふうまくんにときめいてしまうよ!
出会ってくれてありがとう!
ふうまくんの22歳が実りある充実したしあわせな1年でありますように
たくさんの愛を込めて!!!!!!


f:id:shishikoo:20170305232836j:plain

安心な僕らは旅に出ようぜ

この冬、私はある決意を固めた
それは長年追いかけてきた錦戸亮ちゃんの担当を降りるということ…

何故今さら降りるのか…
単刀直入に言えば別に応援していきたい人がグループができたそんな簡単なこと。いつもそうやって騒いできて何で降りるまでに至ったのか。

楽しかった思い出を超えることができなくなってきたから
そして何より亮ちゃんがいつも好きなことを楽しそうにしている姿を見ることができるようになってきたから

楽しかった思い出を超えることができなくなってきたのは去年頃から感じ始めていて何となく記憶に残らなくなって仕舞いには楽しくなくなってきたのが正直なところでした。シングルも買うけど聞かない→売るの繰り返しでもう本当に気持ち離れてるんだなと実感しました。

実際、今回の冬ツアーに対してもイライラしかしてなくて振り返ってみてもどんな公演だったか覚えていません。

そんな風に思えてきてしまったことに悲しさしかないし、もっと広い視野を持って寛大な心でどんなエイトも受け止めたいと何度も考えて何度も踏みとどまってみようと思ったけど一度離した手をもう一度繋ぎ止めることができませんでした。

エイト関係ではたくさんの方にお世話になりました。この場を借りてですがありがとうございました。いい出逢いもあったし、そうでない出逢いもありました。それでも今はありがとうございました。

そして亮ちゃん。
今でも大好きだし尊敬してるに変わりはありません。大袈裟だけど亮ちゃんがいてくれたから私はここまで生きてこれたと思います。
仕事の目標はいつだって亮ちゃんです。掛け持ち時代を見てきているからなおのことでした。
亮ちゃんが楽しそうにキラキラしている姿を最近ではいっぱいいっぱい見れることができてしあわせです。
だから今、安心しているから私は旅に出るんです。 
亮ちゃんを想って泣いたり笑ったりしたように、新しい旅先で新たに出逢う子たちに思いっきり泣いたり笑ったりしようと思います。
亮ちゃん、たくさんの愛とたくさんのしあわせをたくさんたくさんありがとうございました。
私の青春は亮ちゃんしかいなかったよ。
亮ちゃんがニュースになるといつも本当に嬉しくてそれだけで1日が嬉しかったり、亮ちゃんが映画の撮影でクソ田舎の地元(近く)に来てくれたことはずっとずっと忘れないよ!
たくさんの夢を見させてくれて、叶えてくれて本当にありがとうございました。
結局、感謝の言葉しか出てこないんだねこういう時って。
これから先の未来でもきっと輝いてくれることを願っています。

大好きだったし、今も大好きだけどさようなら


f:id:shishikoo:20170116235711j:plain



f:id:shishikoo:20170116235743j:plain



f:id:shishikoo:20170116235800j:plain



f:id:shishikoo:20170117000103j:plain